抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。基本的に月・木更新です。

登山歴

2022年 2021年 2020年 2019年 2022年 富士山(山梨県、静岡県):2022.9.3-4 陣馬山(東京都):2022.8.20 高尾山~陣馬山(東京都):2022.1.22 岩茸石山~棒ノ嶺(東京都、埼玉県):2022.1.16 2021年 丹沢縦走_鍋割山~檜洞丸(神奈川県):2021.12.29-30 御…

富士住建と家を建てるぞNo.8:「窓」について考えたこと

今回は「窓」に関して図面検討時に考えたことをお伝えします。 窓を「外界を取り入れる境界」と定義し、部屋ごとに何をどの程度取り入れたいのかを検討しました。 基本の設計思想に沿いながら、少しだけ「足す」方向で最終まとめることにしましした。

富士住建と家を立てるぞNo.7:間取りを決める流れの解説。

富士住建では営業さんが間取り案を作成→施主の承認後に設計担当さんが図面を引き、要望が実現可能かどうかを検討します。 Sany家の場合、初回の訪問から3ヶ月(4回程度の訪問)くらいで契約しました。 その後1.5ヶ月程をかけて間取りの確定まで進みました。

色彩検定(3級)を取得しましたが、センスは身につかず…

色彩検定3級を取得しました。色合わせの基本的な概念(合う合わないの理屈、「トーン」とは?)などが理解できますが、現実、色だけで決まることは少ない(素材、種類など)です。 色の持つ効果や、まとまる配色パターンの知識は身につくも、試験を通して自…

富士住建と家を建てるぞNo.6_間取りが決まりました。

間取りを決めるうえでinstaで一般人に落ちてくるレベルの先端事例を身につけました。 間取りについては営業さんの叩き案を元に、自分たちが家づくりに取り入れたいアイデアを落とし込んでいき、叶わなかったことも含めてすべてに「理由」があるを大事にsまし…

富士住建と家を建てるぞNo.5_長期優良住宅を悩んでる人の背中を押したい。

長期優良住宅は住宅の性能評価の1つで、住宅を長期利用するために必要な基準を満たせているかという観点で設計されている。認定の取得に申請費用が約20~30万円、申請時間2ヵ月程度掛かるが、各種減税施策で取り戻せる費用であり、また認定を取得することで…

DIY_No.14:娘のおもちゃ置き場をDIY

3回目の棚物の制作。有効幅に気を付けながらサイズをヒアリング。販売されている長さで上手に(余り少なく)材料が取れるようにサイズ設計(1250*550*300)しました。

家を建てるぞno.4(Sany.家の経験談):土地を決めるにあたってこの言葉は知ってほしい!

みなさん、こんにちは。 住宅を建てる時に知っていて役に立った知識を整理してみました。 この業界に限ったことではないかと思いますが、全ての情報が説明されるわけではありません。「現況優先」という言葉があるように「知らなかった」が致命的になること…